外壁ソフトリカバリー吹き付け

いつもお世話になっております。塗巧です。

本日は、新築住宅の外壁にソフトリカバリーをゆず肌状に吹き付けていきます。

サイディングボードの目地を処理し、処理跡を消す為に全面カチオンをコテでしごきます。

その上にカチオンシーラーを塗って、ソフトリカバリーをリシンガンで吹き付けます。

ほんとは平滑のパネル状が設計事務所の好みらしいのですが、流石に技術的にフラットは無理なので

ゆず肌で勘弁してもらってます。

それでも極小のゆず肌なんで太陽の角度によっては不陸が目立ちます。

全部で3回ソフトリカバリーを吹き付けで模様付けは終了です。

カチオンで全面しごいた場合、カチオンの収縮でヘアクラックが入る場合があります。そのクラックを防止する為に

微弾性のソフトリカバリーを3回も吹き付けしてクラックを防止しています。

 

前の記事

Bluetoothイヤホンの悲劇